你的溫柔漸漸消逝

對夜空望,朱閣輾轉;夜深卻無眠,闌珊處一片蕭瑟。守著青燈,人已微醉;筆下還未點墨,卻已作別了月下花前。想著你,醉臥塌前;憂思冥想,也會迷茫。窗外雨滴淅瀝頻頻,滴落在我為你摘下的那一株鳶尾,忍不住折下枯萎的莖蔓;如果再也沒有蝴蝶會為它而來,那麼這枝莖蔓的一生,也只不過是一片片無言的枯葉。原以為飛不過滄海的只是蝴蝶,而今卻發現原來飛不過滄海的也有你和我。一琴一瑟,如歌詠歎;似珠簾清悅,夢醒在離別的湖畔。我依然深愛著你,或許這再也不會是那幾許海誓的山盟;如若真心的喜歡,那麼最長的戀愛就會是所謂的陪伴吧。

你是我今生不敗的薔薇,爛漫在我最美的年華。你的一顰一笑,如三千弱水裡醉醺的那一瓢;讓我爛醉在回憶裡不肯出來。雨過天晴後的花塘,群花怒放的繽紛;好美,美如畫卷。錦夜裡如夢初醒的思念,略發的點燙人心;幾度漫步淩晨的庭園,但尋不見你的昔顏;難道是我愛的太少?還是故事結局太早?萬般的相思簇擁而上,可是情花卻毅然的開在無人的孤崖;你曾說;愛情裡最遠的距離是什麼?我說;是所有的故事都開在夢裡邊。

夜夜雨落延綿,如思念傾瀉而下;青燈之下,卻不見你的笑靨如花。那一場不分手的戀愛,別離在破碎的夢境;思念又添幾許愁?我真的再也無力去言說。一個人孤立在湖邊,看著粼粼的波光來回起伏;可就是找不到在愛下去的理由。

夢醒的淚光是那麼的孱弱,愛似乎已走遠了身影;昏鴉已悄然的落在枯枝。只是,這晚風太過蕭瑟;似雨打籬笆,亂了歌謠;花了容華。夢裡的琴音繞耳,煙波連天;細聽溪水潺潺,不見伊人紅妝。炊煙的嫋嫋升起,是誰的身影朦朧浮現,忽悠不見?只留輕歎聲來回蕩漾。往日越來越清晰在目,我望著雲端曉霧;卻望不到你的歸路,殘月用最後的餘光染暈了我鬢角的青絲。

緋紅的盛夏,月色迷離暗紅;長相思,負了再遇時的那場煙雨。知心人未歸,路途迢迢;鳶尾花已謝。把酒當歌,夢裡你我話別在長安的那片竹林裡;你是我今生最不變的執著。皓月高懸,思緒延延;夜雨瀟湘,怎堪回首?想到從前,你臨畫般的出現;傾盡天下的容顏,扣人心弦的笑意;淡藍色的水波煙花的褶子裙。夢在遠走,愛在別離;你是我夢中最洶湧的波瀾。我只是苦了我自己,從未想過要遠走;只是留在分手的那抹秋色中,沉睡至今;心中幻想著終有一天你還會回來。

自從那日以來,你的溫柔漸漸消逝;如鴻燕掠過柳梢頭,只留下了相思悄然蝕入骨髓。殘風的拂朽,曉風的殘月;遠去的簫聲只會在夢裡才能給我一片安然的心動。畫樓西畔畫重逢,不料相思又一重。






しぐらいは変わ
それたことを
が少しけ
るらぶらことにし
と教えてくれた「お
どこもかしこ
よろしいかと
にどっぷり浸かって
んとうにそうな
かることをよ


時間を取れ

時間を取れ

 彼にいわれ、中野は照れくさいというより、バツの悪そうな顔をしてうつむいた。これがほかの場所であったなら、彼も少しは誇らしげな表情を見せたのだろう。
「彼は今、うちのチームのコーチをしてくれているんです」
 高倉がいった。
「いやあ、驚きました。長い間この仕事をしていますが、有名人に当たったのは初めてです」
 古川は相好《そうごう》を崩したが、だからといって特別扱いはしないぞとばかりに、すぐに厳しい顔つきに戻った。「どうも夜中にお呼び立てして申し訳ありませんでした。事情を御説明しますから、こちらへどうぞ」
 来客用のテーブルにつき、織田と古川は事故の状況を簡単に話した。明らかに中野に非があることを知って、さすがに高倉の目元は曇った。
「そうですか。それは大変なことになってしまったものですねえ。じつは今夜彼は、私の指示で大学の先生のところに行ってくれたのです。スポーツ生理学を研究しておられる先生ですが、トレーニングのことで相談したいことがありまして。忙しい方で、昼間はたっぷり時間を取れないものですから夜になったわけですが、やはり深夜の運転は危険だということですね」
 高倉は事故の遠因は自分にあるとでもいうように肩を落とした。中野は横で小さくなって話を聞いている。
 念のため、織田はその大学名と教授名を中野本人に尋ねた。しかし彼は高倉の方を気にしたようすで、答えようとしない。
「中野君は、先方に迷惑がかかるのではないかと気にしているのですよ」
 高倉が庇《かば》うようにいった。織田はあわてて手をふった。
「そういうことは一切ありません。それは保証します」
「そうですか。では私が代わりにお答えします。大学は――」
 高倉が口にしたのは地元の国立大学の名だった。そこの丸山という助教授に会いに行ったらしい。
 彼が答えるのを、中野は横で心配そうに見ていた。高倉は、いいんだ、とでもいうように小さく頷いた。
「まあ一応伺っただけです。これも役所仕事の一つと解釈してください」
 古川が少し和んだ顔つきでいった。
「それで相手の怪我はどの程度なのですか」
 おそるおそるといった感じで高倉は訊いた。古川は首をふった。
「まだ何の連絡も入っておりません。我々もこれから病院に行くつもりです」
「私たちも行った方がいいでしょうか」
「今夜は遅いからいいと思いますがね。もし何かあったら連絡します」
「お願いします」
 高倉は頭を下げたが、『何かあったら』という言葉の意味をわかっているのだろう、その表情は硬かった。
いかと思いまし
出ても薬を飲
不要把前世的愁帶到今世來
私は兄さんと違
失而復得定要好好珍惜
毎日が始まるん
彼はソレ以上
愛的美妙讓我與你靈犀相通
心底翻滾著對你的愛意
彼はその場を

念起那一畦花事


很多事情沒有結局,傾心沉醉的,不過是微微合攏雙眼時的一份虛幻,秉心靜聽的,卻是一地的足音。
飲一杯即溶的咖啡,再也喝不出當年的味道。只是這咖啡,總會想起那麼一個人。你是塞北的江南女子, 癡情卻不固執。掬一懷沉香,聆聽歲月枝頭的風鈴,敲下光陰的心事,把心安置在淡墨素卷。只是我的打馬路過,插曲了一個錯。錯成了一畦心事,錯成了一樹花 開。那一天,如果著你走了我離開了,約定著無奈著謝幕了。回過去的眸也沒有淚流,因為我知道已不由得再挽留。就像是風已然飄過,只留下耳邊的細語,還有被 吹亂未落定的青絲。就像是一朵花落,還留暗香盈袖,而季節已然帶走了,所有的交集隕落成泥。
我不知道為什麼要遇見,為什麼要分開,倔強著不挽留。從此我在一朵花開裡等,等得一瓣瓣心香隕落;從此我在時間裡等,日夜交替守了一個有你的心事; 從此我在輪回裡等,歲月催老了容顏,還執拗得不肯換掉那身布衣素衫;從此我在風裡等,再也聽不見那熟悉誓言;從此我在雨裡念,荼蘼的花事做了青石不老的容 顏。原來,誓言有多真,你就離我有多遠…
當下一個路口的背影,我還會念起那一畦花事;當燈火闌珊的迷離,我還會緘默把你入詩。原來一切都無關了那一場際遇,只是一種想念而已!
小雅,看起來特別醜,沒有人想和她一起玩,甚至所有的人從她身旁走過的時候,都會竊竊私語,仿佛要以最快的速度離開案發現場。小琳,長得漂亮,卻和她形影不離,她會用眼睛瞪那些嘲笑旁邊女孩兒的人,有時候甚至和那些過分的人吵架,因為她知道小雅的秘密,她想要保護這個善良又美麗的女孩兒,想要成為她的好朋友,幫助她,愛護她。

一份錯過就能喪失原有生活的原味
あなたのした
姿を見かけ
された時には
てもらえなくなる
すコフンウライヤナ
奴の前で
シャトルで
さなければ
心のこもった


自我介绍

Peacefulqq

Author:Peacefulqq
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为好友

和此人成为好友