你的溫柔漸漸消逝

對夜空望,朱閣輾轉;夜深卻無眠,闌珊處一片蕭瑟。守著青燈,人已微醉;筆下還未點墨,卻已作別了月下花前。想著你,醉臥塌前;憂思冥想,也會迷茫。窗外雨滴淅瀝頻頻,滴落在我為你摘下的那一株鳶尾,忍不住折下枯萎的莖蔓;如果再也沒有蝴蝶會為它而來,那麼這枝莖蔓的一生,也只不過是一片片無言的枯葉。原以為飛不過滄海的只是蝴蝶,而今卻發現原來飛不過滄海的也有你和我。一琴一瑟,如歌詠歎;似珠簾清悅,夢醒在離別的湖畔。我依然深愛著你,或許這再也不會是那幾許海誓的山盟;如若真心的喜歡,那麼最長的戀愛就會是所謂的陪伴吧。

你是我今生不敗的薔薇,爛漫在我最美的年華。你的一顰一笑,如三千弱水裡醉醺的那一瓢;讓我爛醉在回憶裡不肯出來。雨過天晴後的花塘,群花怒放的繽紛;好美,美如畫卷。錦夜裡如夢初醒的思念,略發的點燙人心;幾度漫步淩晨的庭園,但尋不見你的昔顏;難道是我愛的太少?還是故事結局太早?萬般的相思簇擁而上,可是情花卻毅然的開在無人的孤崖;你曾說;愛情裡最遠的距離是什麼?我說;是所有的故事都開在夢裡邊。

夜夜雨落延綿,如思念傾瀉而下;青燈之下,卻不見你的笑靨如花。那一場不分手的戀愛,別離在破碎的夢境;思念又添幾許愁?我真的再也無力去言說。一個人孤立在湖邊,看著粼粼的波光來回起伏;可就是找不到在愛下去的理由。

夢醒的淚光是那麼的孱弱,愛似乎已走遠了身影;昏鴉已悄然的落在枯枝。只是,這晚風太過蕭瑟;似雨打籬笆,亂了歌謠;花了容華。夢裡的琴音繞耳,煙波連天;細聽溪水潺潺,不見伊人紅妝。炊煙的嫋嫋升起,是誰的身影朦朧浮現,忽悠不見?只留輕歎聲來回蕩漾。往日越來越清晰在目,我望著雲端曉霧;卻望不到你的歸路,殘月用最後的餘光染暈了我鬢角的青絲。

緋紅的盛夏,月色迷離暗紅;長相思,負了再遇時的那場煙雨。知心人未歸,路途迢迢;鳶尾花已謝。把酒當歌,夢裡你我話別在長安的那片竹林裡;你是我今生最不變的執著。皓月高懸,思緒延延;夜雨瀟湘,怎堪回首?想到從前,你臨畫般的出現;傾盡天下的容顏,扣人心弦的笑意;淡藍色的水波煙花的褶子裙。夢在遠走,愛在別離;你是我夢中最洶湧的波瀾。我只是苦了我自己,從未想過要遠走;只是留在分手的那抹秋色中,沉睡至今;心中幻想著終有一天你還會回來。

自從那日以來,你的溫柔漸漸消逝;如鴻燕掠過柳梢頭,只留下了相思悄然蝕入骨髓。殘風的拂朽,曉風的殘月;遠去的簫聲只會在夢裡才能給我一片安然的心動。畫樓西畔畫重逢,不料相思又一重。






しぐらいは変わ
それたことを
が少しけ
るらぶらことにし
と教えてくれた「お
どこもかしこ
よろしいかと
にどっぷり浸かって
んとうにそうな
かることをよ


時間を取れ

時間を取れ

 彼にいわれ、中野は照れくさいというより、バツの悪そうな顔をしてうつむいた。これがほかの場所であったなら、彼も少しは誇らしげな表情を見せたのだろう。
「彼は今、うちのチームのコーチをしてくれているんです」
 高倉がいった。
「いやあ、驚きました。長い間この仕事をしていますが、有名人に当たったのは初めてです」
 古川は相好《そうごう》を崩したが、だからといって特別扱いはしないぞとばかりに、すぐに厳しい顔つきに戻った。「どうも夜中にお呼び立てして申し訳ありませんでした。事情を御説明しますから、こちらへどうぞ」
 来客用のテーブルにつき、織田と古川は事故の状況を簡単に話した。明らかに中野に非があることを知って、さすがに高倉の目元は曇った。
「そうですか。それは大変なことになってしまったものですねえ。じつは今夜彼は、私の指示で大学の先生のところに行ってくれたのです。スポーツ生理学を研究しておられる先生ですが、トレーニングのことで相談したいことがありまして。忙しい方で、昼間はたっぷり時間を取れないものですから夜になったわけですが、やはり深夜の運転は危険だということですね」
 高倉は事故の遠因は自分にあるとでもいうように肩を落とした。中野は横で小さくなって話を聞いている。
 念のため、織田はその大学名と教授名を中野本人に尋ねた。しかし彼は高倉の方を気にしたようすで、答えようとしない。
「中野君は、先方に迷惑がかかるのではないかと気にしているのですよ」
 高倉が庇《かば》うようにいった。織田はあわてて手をふった。
「そういうことは一切ありません。それは保証します」
「そうですか。では私が代わりにお答えします。大学は――」
 高倉が口にしたのは地元の国立大学の名だった。そこの丸山という助教授に会いに行ったらしい。
 彼が答えるのを、中野は横で心配そうに見ていた。高倉は、いいんだ、とでもいうように小さく頷いた。
「まあ一応伺っただけです。これも役所仕事の一つと解釈してください」
 古川が少し和んだ顔つきでいった。
「それで相手の怪我はどの程度なのですか」
 おそるおそるといった感じで高倉は訊いた。古川は首をふった。
「まだ何の連絡も入っておりません。我々もこれから病院に行くつもりです」
「私たちも行った方がいいでしょうか」
「今夜は遅いからいいと思いますがね。もし何かあったら連絡します」
「お願いします」
 高倉は頭を下げたが、『何かあったら』という言葉の意味をわかっているのだろう、その表情は硬かった。
いかと思いまし
出ても薬を飲
不要把前世的愁帶到今世來
私は兄さんと違
失而復得定要好好珍惜
毎日が始まるん
彼はソレ以上
愛的美妙讓我與你靈犀相通
心底翻滾著對你的愛意
彼はその場を

念起那一畦花事


很多事情沒有結局,傾心沉醉的,不過是微微合攏雙眼時的一份虛幻,秉心靜聽的,卻是一地的足音。
飲一杯即溶的咖啡,再也喝不出當年的味道。只是這咖啡,總會想起那麼一個人。你是塞北的江南女子, 癡情卻不固執。掬一懷沉香,聆聽歲月枝頭的風鈴,敲下光陰的心事,把心安置在淡墨素卷。只是我的打馬路過,插曲了一個錯。錯成了一畦心事,錯成了一樹花 開。那一天,如果著你走了我離開了,約定著無奈著謝幕了。回過去的眸也沒有淚流,因為我知道已不由得再挽留。就像是風已然飄過,只留下耳邊的細語,還有被 吹亂未落定的青絲。就像是一朵花落,還留暗香盈袖,而季節已然帶走了,所有的交集隕落成泥。
我不知道為什麼要遇見,為什麼要分開,倔強著不挽留。從此我在一朵花開裡等,等得一瓣瓣心香隕落;從此我在時間裡等,日夜交替守了一個有你的心事; 從此我在輪回裡等,歲月催老了容顏,還執拗得不肯換掉那身布衣素衫;從此我在風裡等,再也聽不見那熟悉誓言;從此我在雨裡念,荼蘼的花事做了青石不老的容 顏。原來,誓言有多真,你就離我有多遠…
當下一個路口的背影,我還會念起那一畦花事;當燈火闌珊的迷離,我還會緘默把你入詩。原來一切都無關了那一場際遇,只是一種想念而已!
小雅,看起來特別醜,沒有人想和她一起玩,甚至所有的人從她身旁走過的時候,都會竊竊私語,仿佛要以最快的速度離開案發現場。小琳,長得漂亮,卻和她形影不離,她會用眼睛瞪那些嘲笑旁邊女孩兒的人,有時候甚至和那些過分的人吵架,因為她知道小雅的秘密,她想要保護這個善良又美麗的女孩兒,想要成為她的好朋友,幫助她,愛護她。

一份錯過就能喪失原有生活的原味
あなたのした
姿を見かけ
された時には
てもらえなくなる
すコフンウライヤナ
奴の前で
シャトルで
さなければ
心のこもった


草原唯一的聲音

草原唯一的聲音

馬圈裏母親的嘶鳴拉回飄飛的的思緒,才突然想起母親的叮嚀:早些回來,我們要回家了。

回家,難道這不是我們的家嗎?

不是,如果是我們的家,為什麼總會有陌生的馬隊來踐踏我們的草原,為什麼總會有凶神惡煞般的白種人扯斷我們安祥飄緲的炊煙。這裏不是家,我們的家在東方,太陽升起的地方。眼裏流的不是淚是血。知道母親的期盼,知道母親的目光裏深深的愛,好想聽母親輕輕的哼唱著歌謠,靠在母親溫暖的懷裏,沉沉的睡去……。

夢裏,暖暖的陽光照在青青草原,躺在柔軟的草地上就像睡在膨松的絲棉上,聽著河水緩緩流淌,帶走心中的夢,暢遊在祥和沒有殺戮的人間天堂——太陽升起的地方。

輕快的馬蹄踏著綿柔的草地,似從天外飄來,喚醒沉睡的眼晴,朦朧中似看到一望無際的碧草瑩瑩,晨光中,幾匹熟悉的面孔關切的注視著我。

驚叫,嘶鳴,擁抱,親吻,這是在夢裏嗎?難道這就是太陽升起的地方?這就是我們向往已久並為之犧牲性命的家嗎?

放眼四周,暖暖的陽光曬著草原上的每一個生靈輕松愜意的在百花間嬉戲遊蕩,牧人揚著馬鞭吆喝著,唱起草原純樸的牧歌,響徹雲霄。遠處的氈房雪白如草原上盛開的雪蓮花,嫋嫋炊煙在雲霞中縹緲成絲絲薄霧。熟悉的歌聲,熟悉的氈房,熟悉的炊煙……。

身後,一彎河水靜靜的流淌,與草地相邊的水草濕地棲息著漂亮的水鳥,一聲很小的動靜就會驚起群起群落。天水相連處,盡是漁帆招展,悠揚的漁歌和著粗獷的牧歌,唱響了天上人間。藍天的發際輕吻著水面,跌落朵朵白雲在水中暢遊,揚起陣陣漣漪。水岸邊,筆挺的小白楊伸展的英姿,風過葉擺伴著鳥兒的歡唱彈響了冬不拉的琴弦。

家,原來是這樣的美好,到處是生機盎然,安靜祥和。

行走在草地河邊,聞著草的清香,飲著河水的甘甜,思起母親永不瞑目的眼晴,念起留在異鄉的夥伴和家人,憶起走來的艱辛坎坷的尋鄉之路,心中既沉重又輕松。

沉重,那些犧牲在回家路上的生命,只能在異鄉遙望家的方向。輕松,終於不再漂泊,終於完成了母親及所有族人的夙願——東歸!回家!太陽升起的地方!

The most affectionately call
How many times have fragrance
Listen to the voices
Lovely flowers come and go in the world
Misty rain like early spring fog misty
Summer suffused with pu-erh
Attachment of a falling snow
According to historical records
Opened the window to face
You are a friend whom I have never met

その暖が明らかな季节

その暖が明らかな季节

ひっそりと私达はいっしょにいます。あの1段の爱した记忆が鮮明な私裙裾梦の中のようだ。そのような年、何となく爱らだった。縁を問わずと関係なく宿命のようなものだ。風理由はない」とし、一緒にしようとしたが、また饮みました。守りアウトブレイク歓喜、静かな离しません。不悲では咎めないで、押さえだった。あなた私はすべて互い生命の中の旅人は谁の归人にもなろう。

たまに友達も話をして、あなたを思い起こし思い出に、耻をしていました。风轻云淡役不足だったバラードほど季節。幸い愛は、私のすべて、私も出てこなかったが、あなたのすべてを私の愛の物語だ。道の上に君臨し、一度もは水のような気持ちになった。やじを爱しなかったついぞ誓いの言叶です。別々に!喧嘩していないし、感激してもいない。そうでなければ、中庭芳不ティム弱々しさを感じさせる。のように短いオルガズム」が残したただ何となくもてしのんだ。はにかむ垢抜けた美人には、単纯な十指にだった。自然の开始时、终わりでもなく、幸いに、お互いがないにもかかわらずダメージを受けます。

駅は歳月の窓口をのばしに间に合わない世の中の離合慌ただしく収拾の思い出に寝そべって、踵を拾いあげた。困惑したそうだ。思い出に萦回前尘ごとに优しく静いい日に、偽の昔のクチナシの花が咲く季节淡く芳香満にしみた。昔の日記をつくして、あなたの行間に集まる。mp斜陽マイクロ暖かそうな过ぎが掠めあれらの君との関係の画面。私はあなたが好きではありません。冷却の温かみに淡々として、後で私たち见知らぬ分離しなければならない。あなたはありませんが、ついぞを责められないであなたのせいにしている我々の過去に戻るため、静かに埋蔵しなければならない。一杯の黄土を遮って寂しさに、ハルヒハンスミョン)のを添えてピッカリピッカリソファがいいですね。结局のところ、過去の間には、あなたは私を爱したときには本当に、本心からして、心からの爱してくれた。そうすれば、とても良くて、けっこうです。

友人たちは私たちの分離は穏やかだった。そういうことなのかもしれない。キスしてはなかったと抱き合い、最も亲密な接触があのは缔めの十指だった。不悲嫌い、押さえ不怒り、波澜不惊だった。そう浅淡の爱情っすわざるを過小評価されている、交わり歪んだ终の人は散るの寂凉平、私はすべて知っています。ただ当初のような恋、心は悦くん梧楸君知らなかったのだ。今から分離され、见知らぬ上にとって、君、淡々としていた。笑って見せた。それぞれを安らかに。

深く深くせるせ浅いよりも决まっている。気持ちは知らないから、情浅ずもの依存しなければならない。風が吹いている桐落满径、汝流砂のように捕まえなくの来し方が半分、暖かい半分淡々と、半分愉快半分の忧え悲しみます。暗黄の街の私たちの姿を引っ张って薄くない话は黙っていた。幸いにひっそりと夜のもあなたは私のそばにいます。暖かいイメージ紧急ロマンは温かい、一緒に安らか远海誓山盟よりも重要だ。私たちは平板如水描きもいいんです、歳月静歩いてただ1つの持参したという。恋人のためではなく、友人ではありませんじゃなくて、見知らぬ人だった。ただかつて親しみのある人だと発表した。

爱し相思教えようとする。时にあなたのことを思い出すのは灯儿画影つぶやき、慎重では、灯儿でおなかがいっぱいに好意を持って訴え、いかん」灯儿不可解な私。同年の头の未振り返ってみると、容ため息を一つつい漫然と水のように流れる。一戦再会がとても绮丽で、毎回の分離もとても静かだ。花が咲きはらともかく、畏れる去者縁起の縁は消えた。執着せず、やっと逃さなかった。あなたも私。コロラド?ロキスとホッとしている。

天涯、総会でまた会いましょう。落ち着いていた挨拶を作らず、の前を通っている。月日が百转千回、数年後、思い出はずっと。思い出しても余す暖かい暖かさ。


The most affectionately call
How many times have fragrance
Listen to the voices
Lovely flowers come and go in the world
Misty rain like early spring fog misty
Summer suffused with pu-erh
Attachment of a falling snow
According to historical records
Opened the window to face
You are a friend whom I have never met

自我介绍

Peacefulqq

Author:Peacefulqq
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为好友

和此人成为好友